課題だらけでも、U−19日本代表が初のアジア王者になった意味

 2年に一度、ユース世代のアジア王者を決めるアジアU−19選手権。日本は決勝でサウジアラビアを0−0からのPK戦(5−3)の末に下し、初優勝を果たした。

 日本が決勝に進むこと、実に過去6度。それでも一度として到達できなかった頂点に、「東京五輪世代」がとうとうたどり着いた。

 1973年大会決勝は2点差で敗れた。

 1994年、1998年大会決勝は1点差で敗れた。

 2000年大会決勝は延長にもつれこんだが、ゴールデンゴールで敗れた(当時のルールは、延長でゴールが決まった時点で試合終了)。

 2002年大会決勝は延長120分間を戦って敗れた。

 2006年大会決勝は延長でも決着がつかず、PK戦で敗れた。

 そして、今大会決勝もまた、2006年大会と同じPK戦決着。今度は日本に勝利の女神が微笑んだ。

 一段ずつ階段を上るように、7度目の決勝進出にして、ようやく手にした初優勝だった。

 小さな体で優勝カップを精一杯頭上高くに掲げた、キャプテンのMF坂井大将(大分トリニータ)が語る。

この記事の続きを読む

1