【月報・青学陸上部】反骨のランナー・中村祐紀が全日本駅伝にかける思い

■極私的! 月報・青学陸上部 第15回
◆全日本大学駅伝プレビュー後編

 富津合宿、最終日、全日本大学駅伝を走る選手たちは16kmのビルドアップ走(※)をこなしていた。全員が予定タイムをクリアし、そのままフィニッシュ。すぐに脈を1分間ほど計り、ゼリー飲料を飲み干す。
※ゆっくりしたペースで入り、徐々にスピードを上げていくトレーニング法

 中村祐紀が「はぁはぁ」と息をついていると、一色恭志が「こんなんでキツかったら大変だぞ」と一言。中村は「きついなんて言ってないっすよ」と笑顔で返した。

 いつも一緒に飯を食べるぐらいの仲がいいふたり。全日本を走るメンバーは非常に雰囲気がよく、調子がいい。その中で故障から復活し、表舞台に帰ってきたのが中村だ。

「ようやく調子が上がってきました」

 そう語る表情は明るい。中村がその名前を全国区にしたのは昨年だった。2年生ながら出雲駅伝2区を走って区間4位、箱根駅伝では9区に抜擢された。同じ2年生で箱根を走った下田裕太、田村和希とともに「青学三羽烏」となり、青学のエース候補になった。

 ところが今年は4月の世田谷記録会(5000m)で13分52秒29を出したものの、それ以降ペースが上がらなかった。2連覇がかかった全日本学生個人選手権も12位に終わった。この時、中村は苦渋の表情を浮かべていた。

「4レースぐらい連続で結果が出ないのは初めてのことなので、自分の中で消化しづらい部分があります。原因は......足の痛みとかじゃなく、体が急に固まってしまうんです。肩周りとかほぐしてもらっても走っている途中に固まってきてしまう。針打ったり、いろんな調整をしているんですが調子が上がらない。今は我慢して、夏合宿からしっかり練習をやって調整していくしかないですね」

この記事の続きを読む

1