歓喜と悔しさを詳細にたどる、大谷翔平の「日本シリーズ8日間」

 2016年のプロ野球は、日本ハムが広島を4勝2敗で下し、10年ぶり3度目の日本一に輝いた。その中心には常に"二刀流"大谷翔平の存在があった。大谷にとって2013年の入団以来、初めてとなる日本シリーズの大舞台。開幕から日本一までの8日間を追った。

■10月22日(第1戦)

 敵地・広島で開幕を迎えた日本シリーズ。第1戦に「8番・投手」で先発した大谷は試合前から降り続いた細かい雨で濡れたマウンドに苦戦し、期待通りのピッチングができない。最速は、1回の先頭打者・田中広輔への初球でマークした158キロ。スパイクの歯に濡れた土が絡んで思うような踏み込みができず、回を追うごとに球速は低下した。

 2回一死一、三塁では打者・石原慶幸を空振り三振に打ち取りながら、サインを見落としてダブルスチール阻止のためカットするはずの捕手・大野奨太の送球をスルー。自らのミスで本盗を決められ先制点を失った。

 その後も本来の投球を取り戻せず、4回には松山とエルドレッドに被弾し6回で11三振を奪いながら5安打3失点で降板。バットでは2安打と活躍したが、初めての日本シリーズのマウンドはほろ苦い初黒星となった。

「マウンドはだいぶ硬かったですが、9割は僕の問題。調子の良し悪しや環境に関わらず臨機応変に対応しないと。今日のような不甲斐ないピッチングは、もうしない」

 そうリベンジを誓った右腕だったが、7回表の第3打席で高いバウンドの一塁内野安打を放った際に右足首を軽度の捻挫。もともと捻挫癖があった大谷だが、シリーズを通じてこの古傷が暗い影を落とすことになる。

この記事の続きを読む

1