【内藤雄士ゴルフレッスン】アプローチは振り子のイメージでスイング

【ミスを減らすにはトップの「間」が大事】

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回のレッスンまでは室内の打席で打ってもらいましたが、今回は実際に芝の上からアプローチをしてみましょう。

白石あさえ:以下白石 はい。なんだか緊張しますね。

(何球かアプローチをした後に)
内藤 正直、悪くないと思います。基本的な構えはできているし、思っていたよりもできています。

白石 本当ですか? でもトップしたり、ダフったりするんですが。

内藤  白石さんのミスの原因は、手でクラブを下ろしすぎているからです。特に右手に力が入って、ボール付近でヘッドを速く動かそうとしています。急激に加速させると、ヘッドの動きというのは不安定になってしまいます。

白石 内藤コーチはリズムが大切だと言いますが、なぜ、リズムよく振るとミスが出ないんですか?

この記事の続きを読む

1