スピードが速くなった吉田麻也。ELで長友佑都との日本人対決を制す

 11月3日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のサウサンプトン対インテル戦で、吉田麻也と長友佑都の日本人対決が実現した。

 4−3−3のセンターバック(CB)として先発した吉田は、安定感のある守備で2−1の勝利に貢献した。13分にはインテルのCFでアルゼンチン代表のマウロ・イカルディについていき、シュートをしっかりとブロック。58分にも敵のカウンターに対応し、クロアチア代表MFのイバン・ペリシッチを封じた。ドリブルで切り替えされても、すぐに反転してクリアするなど、最後まで鋭い動きを見せた。

 また、テンポよく縦パスを供給したり、高い位置まで押し上げるサイドバックへ速いパスを入れたりと、ビルドアップでも存在感を示した。「マヤは自信を深めている。クオリティの高さを見せた」とクロード・ピュエル監督が褒めれば、長友も「僕らのチャンスを麻也がことごとく潰していた。厄介な選手だなと思いました」と語るように、盤石の守備で最終ラインを支え続けた。

 実際、今季の吉田は質の高いプレーを維持している。ポルトガル代表CBのジョゼ・フォンテ、オランダ代表CBのフィルジル・ファン・ダイクという「レギュラーCB」の牙城は崩せていないが、ELとリーグカップでは常時先発。ELでは4試合2失点、リーグカップでも2試合無失点と、堅実な守備で貢献している。

この記事の続きを読む

1