松山英樹も応援。米ツアーを主戦場とする岩田寛の「ハードな挑戦」

■WEEKLY TOUR REPORT  
米ツアー・トピックス

 PGAツアー参戦2年目の岩田寛が、サンダーソンファームズ選手権(10月27日〜30日/ミシシッピ州、カントリークラブ・オブ・ジャクソン)で粘り強いプレーを見せて、5位タイと奮闘した。この結果、今週のシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン(11月3日〜6日/ネバタ州、TPCサマリン)の出場権を獲得(結果は予選落ち)。新たなシーズンは、岩田にとって上々の滑り出しとなった。

「後半のバーディーで一瞬首位に並んだので、(優勝も)あるかなと思ったけれど、なかった」

 サンダーソンファームズ選手権のラウンド後、優勝を逃した悔しさを見せた岩田。しかしその一方で、「2年間、不調だった」というショットの復調の手応えをつかんだのだろうか、どこかうれしそうな表情も見せていた。

 米ツアー本格参戦1年目の昨季(2015−2016シーズン)は、2月のAT&Tペブルビーチ・プロアマで4位になったのが最高位の岩田。結局、フェデックスカップポイントは146位にとどまり、125位までに与えられるフルシード権は獲得できなかった。

 そのため、9月には今季(2016ー2017シーズン)のシード権の再獲得を狙って、ウェブ・ドット・コムツアーのファイナルズ(計4試合)、いわゆる下部ツアーとの"入れ替え戦"に出場したが、初戦から出遅れ。さらに、最終戦が東海岸を襲ったハリケーンの影響で中止になるという不運にも見舞われ、シード復活はならなかった。

この記事の続きを読む

1