新生ジャパン、アルゼンチン戦完敗で露わになった課題と対策

 時代は変わる。ラグビーの日本代表も様変わりする。だが、桜のプライドと魂は変わらない。先人たちの遺志は引き継がれていく。

 秋晴れの5日である。ラグビーのジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC)の初陣となる日本代表vsアルゼンチン代表は、過日53歳で亡くなった元日本代表監督、平尾誠二さんの追悼試合として行なわれた。実は試合のメディカル・ルームドクターは、故・宿澤広朗さん(2006年没、享年55。1989〜91年代表監督)の長男の医師が務めていた。

 試合開始前には平尾さんの現役時代のプレー映像が電光掲示板に流され、<ミスターラグビーの遺志を継ぎ 新生日本ラグビー 出陣>との言葉が映し出された。

 1分間の黙とう。日本代表は全員が左袖に、平尾さんの代表選手時代の背番号「12」の黒い数字を付けていた。

 この日、同じ12番のセンター(CTB)で戦った共同キャプテンの立川理道はしみじみと漏らした。

「今日は僕も12番だったんで、特別に因縁のある試合かなと思って、試合に臨んでいました。(平尾さんは)レジェンドなので、その意味をしっかりと受け止めながら」

 確かに立川は体を張った。タックルを受けながらも、強靭な下半身を生かし、何度もゲインを切った。前に出た。でも、日本はチームとしてうまく機能しなかった。チームスローガンの『ワン・チーム』になり切れなかった。直前合宿はわずか1週間足らず。はっきりいって、準備不足だった。

この記事の続きを読む

1