全日本で光った早稲田大の「全員駅伝」。箱根で打倒・青学大なるか

 今年は初戦の出雲駅伝で完勝し、選手層の厚さは他校とレベルが違うとみられる青山学院大。その王者を全日本大学駅伝で、ヒヤリとさせたのは早稲田大だった。

 前回の箱根駅伝を9区で走り、区間賞を獲得した井戸浩貴(4年)と、光延誠(3年)を外して臨んだ早大。4年生を1区から3区まで並べ、鬼門の1区には出雲の1区で13位と凡走してしまった主将の平和真(4年)に代え、日本インカレ1万m日本人トップの武田凜太郎(4年)を起用した。

 これが当たって武田は、7km過ぎの服部弾馬(東洋大・4年)のスパートに対応し、駒大の工藤有生(3年)と共にトップ集団を形成。残り1.4kmからの服部の最後の仕掛けにはつけなかったが、最後まで粘ってトップに11秒差の2位で2区の平につないだ。

 13.2kmのエース区間となる2区で、平は前半から突っ込んできた青学大の田村和希(3年)に6km手前で追いつかれたものの、中間点で東洋大をかわし、9.5km地点から疲れが見えていた田村を突き放す。最後は粘りきった田村に中継所前で再び追いつかれて首位を譲ったが、青学大に1秒差で3区へとつないだ。

この記事の続きを読む

1