【月刊・白鵬】復活V狙う横綱が、九州場所で気になる「2人の力士」

【第66回:内弟子】

秋場所(9月場所)を休場した横綱。
その間に手術した足の経過もよく、
九州場所(11月場所)では復活優勝を狙う。
さらに、同場所では横綱の弟弟子である
石浦、山口が、それぞれ幕内、十両に昇進。
彼らの活躍に、横綱も期待を寄せる――。
 1年の締めくくりとなる九州場所(11月場所/11月13日〜27日)がまもなく始まります。

 2016年、私は春場所(3月場所)で36回目、続く夏場所(5月場所)で37回目の優勝を飾ることができました。しかしその後、足を痛めるなどして、名古屋場所(7月場所)は10勝5敗止まり。さらに秋場所(9月場所)では、横綱に昇進してから初めて、初日からの休場となってしまいました。みなさんにはご心配をおかけして、誠に申し訳ありませんでした。

 その影響もあって、10月初旬から始まった秋巡業も、大事をとって前半戦はお休みさせていただきました。その間、ケガの回復に努めてきましたが、日を重ねるごとにだいぶよくなってきたので、10月20日に京都市で行なわれた巡業から合流。それからは、最終日の山口市での巡業まで、無事に参加することができました。

 それにしても、力士のみんなと一緒に巡業に出ることが、これほど待ち遠しいと思ったことはありません。

この記事の続きを読む

1