漂流するハリルジャパン。サウジを圧倒するイメージがわいてこない

■ヤバイぞ、アジア最終予選3〜杉山茂樹×浅田真樹(前編)

浅田 10月のイラク戦の前、僕は今回の最終予選は結局、日本、オーストラリア、UAEの三つ巴の争いになって、サウジアラビアはちょっと落ちるんじゃないかと思っていました。サウジアラビアの最初の2戦(タイに1−0で勝利、イラクに1−2で敗北)を見た印象では、たいしたことないな、と。ラッキーで1点を取ったけど、あとはこれといって見るべきものはなかった。ところがその後、ちょっと調子を上げてきています。オーストラリアと2−2で引き分け、UAEは3−0で破っている。内容もだんだんとよくなっています。

杉山 サウジアラビアというと、昔はベタ引きのだるいサッカーをやっていましたが、2011年ごろからだいぶ普通になってきました。強くはないけど、現代的なサッカーをやるようになった。たぶん予選の最初の2試合は昔のだるさの部分のほうが強く出たのでしょう。最近の試合はいいですよ。サッカー的には一番まともじゃないですか。日本のホームではどういうサッカーをやるのか。サウジ的には引き分けでもいいとは思うだろうけど、監督もベルト・ファン・マルバイクだし、昔みたいに引いて構えるようなことはしないんじゃないかいう気がします。

この記事の続きを読む

1