「信頼されてないのかな」。前半だけの交代が腑に落ちない岡崎慎司

 プレミアリーグ第11節、ホームで行なわれたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦。レスター・シティの岡崎慎司は、45分間だけで出番を終えた。

 公式戦で2試合ぶりの先発出場を果たしたが、前半だけで交代を命じられた。代わりにFWジェイミー・バーディーを投入したレスターは、後半に2ゴールを許して敗戦(結果は1−2)。降格圏まで2ポイント差の14位に順位を落とした。

 クラウディオ・ラニエリ監督がピッチに送り出した先発布陣は、FWイスラム・スリマニと岡崎を2トップに配した4−4−2。前戦のチャンピオンズリーグ第4節FCコペンハーゲン戦で採用した5−4−1が機能しなかったことから、従来の4−4−2に戻したが、チームは輝きを取り戻せなかった。

 それでも、前半終了時のポゼッションは60%。チーム全体の動き出しは鈍かったが、ボールを保持して優位に進めることはできていた。しかし、前半のシュート数は0本。むしろ、相手にボールを持たせ、カウンターで仕留めるWBAの術中にハマっているような試合展開だった(※WBAのシュート数は5本)。

 そんななか、岡崎は攻撃のスイッチを入れようと精力的に走り回った。MFリヤド・マフレズと細かいパスワークで局面打開を図ったり、中盤でボールを受けて股抜きでマーカーをかわしたりと、攻撃のリズムを生み出そうとしていた。

この記事の続きを読む

1