サウジ戦次第で監督解任へ。このままなら「ロシアW杯の次」も危ない

■ヤバイぞ、アジア最終予選3〜杉山茂樹×浅田真樹(後編)

杉山:日本代表の選手たちは自信を失っているように見えます。UAEとイラクにあんな内容の試合をして、選手だってやばいと思っているのでしょう。だから今までのサッカーが簡単に捨てられる。オーストラリア戦がああいう戦いになったのは、作戦というよりもムードのせいだったような気がします。

浅田:長谷部誠なんかは試合後、「オーストラリアとホームでやったら、こういうサッカーをやらないと思う」と言っています。これは推測ですけど、やはり本意ではないというか、納得はしてないというものをその言葉の裏に感じました。ただ、UAEとイラクとの試合内容から、ちょっと腰が引けたんだろうなという感じは受けちゃいますよね。変にボール持ってカウンターを食らったら怖い。だったら余計なことしないでおこう、と。

杉山:アギーレ時代のアジアカップでは、準々決勝でUAEに負けたけど、試合は圧倒的に支配していた。イラクには1−0で勝ったけど、段違いの実力の1−0なんですよ。それが今回の予選では全然違っちゃっている。選手も「あれっ?」という感じはあると思います。「俺らパスがつながらなくなっちゃったよ」みたいな。

この記事の続きを読む

1