【女子パラスイマー】エリー・コール&一ノ瀬メイが語る、東京への挑戦

 今年9月のリオパラリンピックの水泳で、金メダルを手にしたエリー・コール(オーストラリア)と、メダル獲得はならなかったものの、初めてのパラリンピック出場で健闘した19歳の一ノ瀬メイ(近畿大)。(障がいの種類や程度によって分けられる)同じ障がいクラスの2人が語る、パラリンピックの独特な雰囲気、そして4年後への思いとは?

―― 北京、ロンドンに続きリオが3度目のパラリンピックだったエリー選手、初出場のメイ選手。それぞれのリオはどんな場所でしたか?

一ノ瀬メイ(以下一ノ瀬):私にとってリオは初めてのパラリンピック。小さいころからこの舞台を目標にしてきたわけなんですが、ずっと先輩方から『パラリンピックは別格』と聞いていました。その意味は、もちろん頭ではなんとなくわかっていたんですけど、実際に出場してみないとわからないことがすごくありましたね。なんで先輩方が、どんなに練習がキツくてもパラリンピックでメダルを獲りたいと思うのか感じたし、表彰台に上がることがどれだけすごいことなのかも感じ取りました。

エリー・コール(以下エリー):4年前のロンドンで金メダルを獲得して、リオでは追われる立場だったので、今までに感じたことのないプレッシャーを感じていました。試合は本当に緊張しましたね。そのせいで不本意な試合が続きました。自分の実力を発揮できるのは、やっぱりリラックスしているときですからね。1位でゴールした100m背泳ぎは『ダメでもしょうがない』と言い聞かせて臨みました。その結果、試合を楽しむことができて自分の持っている力を出せたんです。

この記事の続きを読む

1