ハリルホジッチよ、オマーン戦は「大迫×岡崎の2トップ」を試してくれ

 昨年10月のイランとの親善試合を最後に、W杯2次予選、キリンカップ、W杯最終予選と公式戦やトーナメントが続いていたため、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとって11月11日のオマーン戦は、待ちに待ったテストマッチに違いない。

 11月15日に行なわれるグループ首位のサウジアラビア戦に向けて、欧州組の調整ができるだけでなく、さまざまなテストにもチャレンジできる有意義な場となるはずだ。

「あまりプレー機会のない選手にもチャンスを与えようと思っている」

 メンバー発表会見でハリルホジッチ監督もそう宣言している。リオ五輪世代のMF井手口陽介(ガンバ大阪)やFW久保裕也(ヤングボーイズ)、ここまで出番のないFW齋藤学(横浜F・マリノス)やMF永木亮太(鹿島アントラーズ)に出場機会が訪れる可能性も少なくないが、なかでも期待が高まるのは、昨年6月以来の招集となったFW大迫勇也(1FCケルン)だ。

 ドイツのケルンで昨季はトップ下やサイドハーフとして起用されていたが、今季はケルンが2トップを採用したため、得意とするポジションでプレーできるようになり、第4節のシャルケ04戦、第5節のRBライプツィヒ戦で2試合連続ゴールをマーク。ここまでリーグ戦で9試合連続して先発出場を果たしている。

この記事の続きを読む

1