フェデラー、ナダルのいないツアーファイナルズを彩る、新たなスター

 今季の男子ワールドテニスツアーのレギュラーシーズンが終了し、ツアー最終戦であるATPワールドツアーファイナルズ(11月13日〜20日)を残すのみとなった。そして、シーズンの成績上位8人しか出場できないエリート大会の出場メンバーも出揃った。

 2016年ウインブルドン優勝者のアンディ・マリー(ATPランキング1位、11月7日付け以下同)、オーストラリアン(全豪)オープンとローランギャロス(全仏オープン)優勝者のノバク・ジョコビッチ(2位)、US(全米)オープン優勝者のスタン・ワウリンカ(3位)、USオープンベスト4の錦織圭(5位)は、いずれも連続出場を果たして、エリート常勝プレーヤーとしての地位を維持し続けている。

 一方で、左ひざのリハビリに専念するために7月中旬から戦列を離れていたロジャー・フェデラー(16位)は出場圏外となり、ツアー最終戦連続出場記録は14回でついに途絶えた。フェデラーはトップ10からも陥落したが、これは実に2002年10月以来14年ぶりのことだ。

 また、ラファエル・ナダル(8位)は、5月頃から不安を抱え続けていた左手首を万全の状態に戻すために、10月中旬に早々とシーズンを終えることを宣言し、ツアーファイナルズ出場圏内でありながら辞退となった。

 こうした"常連組"がロンドンで見られないのは非常に残念だ。それでも、代わりにツアーファイナルズに復活出場、初出場を果たす選手が大会を盛り上げてくれるだろう。

この記事の続きを読む

1