日本と何が違うのか。石川遼がPGAツアーだと「緊張してしまう」理由

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 石川遼が、約9カ月ぶりにアメリカ本土に戻ってきた。11月3日に開幕したシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン(11月3日〜6日/ネバタ州、TPCサマリン)に参戦したのだ。

 アメリカで久しぶりに元気な姿を見せた石川。しかし結果は、残念ながら1打及ばずの予選落ちとなってしまった。今季は公傷制度の適用を受けて、20試合前後の出場で、昨季のフェデックスカップポイント125位(454ポイント)を超えなければいけない立場。1試合とはいえ、予選落ちという結果は痛手だっただろう。

  腰痛によって、昨季の2月にPGAツアーの戦列を離れた石川。その後は、日本で治療とリハビリに専念してきた。

 実戦に復帰したのは7月、日本ツアーの日本プロ選手権だった。そして、復帰2戦目となる8月のRIZAP KBCオーガスタで優勝を飾った。以降も、日本ツアーで何度となく上位争いを演じると、PGAツアーの復帰戦となるCIMBクラシック(10月20日〜23日/マレーシア、TPCクアラルンプール)でも、トップ10入り。ゆえに、先週のシュライナーズ・ホスピタルでは、パワーランキング(優勝候補ランキング)の2位に挙げられていた。

 ところが、石川自身は「何でなんでしょうね?」と、周囲の期待に少々戸惑い気味だった。

この記事の続きを読む

1