綱取りに挑む豪栄道。角界の重鎮たちが語った「連続優勝への条件」

 大相撲九州場所が11月13日、福岡国際センターで初日を迎える。最大の焦点は言わずもがな、大関・豪栄道(境川部屋)の綱取りだ。カド番での秋場所を、15戦全勝で初優勝を成し遂げた勢いそのままに、初の横綱挑戦で一気に頂点を極めるのか。

  注目の昇進条件は、秋場所後の横綱審議委員会で「13勝以上の優勝」との見解が示されている。昇進をあずかる審判部の友綱審判部副部長(元関脇・魁輝)も「優勝が条件」と断言した。理由は、大関昇進後の成績の不安定さにある。秋場所前の名古屋場所を含めた4場所で負け越しており、さらに二けた以上の勝利となると、たった1場所(先場所を除く)しかない。この過去の成績が印象を悪くしていることは否めない。こうした影を払拭するためにも、2場所連続の優勝以外では横綱昇進は認めない姿勢だ。

 そんな厳しい条件にも緊張する様子はなく、10月31日の番付発表以降、九州で精力的に調整を続けている豪栄道。初の綱取りに向け、「自分の相撲を取ることに集中したい」と、いつもの場所前と同じように落ち着いたムードを醸し出している。秋場所の全勝優勝の原動力となった、「立ち合いの鋭い出足から一気に右を差し、左上手をとる」という「自分の型」に、確かな手ごたえがあるのだろう。

この記事の続きを読む

1