マンネリ日本代表に変革のとき。ハリルの「本田外し」は発動するのか

 日本代表の中に長く存在してきた、確固たる序列が崩れるきっかけになるかもしれない。日本代表がオマーンを4−0で下した試合を見ていて、そんなことを感じた。

 日本代表が公式戦(W杯最終予選)以外の試合に臨むのは、今年6月のキリンカップ以来。そんなオマーン戦の先発メンバーには、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任後、初めて日本代表で先発出場する選手が4名含まれていた。久しぶりの"テストマッチ"では、文字どおり、新戦力のテストが行なわれたわけだ。

 概ね、新戦力は持ち味を発揮した。試合後のハリルホジッチ監督の言葉を引けば、「何人かはこのチャンスをつかみ、何人かはつかめなかった」が、「いいテストだった。たくさんのことが見られた」ということになる。初先発の4名は、攻守ともに細かなミスが多かったDF丸山祐市(FC東京)を除けば、及第点と言っていいだろう。

 A代表デビューとなったMF永木亮太(鹿島アントラーズ)は後方でセカンドボールを拾うだけでなく、ペナルティーエリア付近まで進出し、積極的に攻撃にも絡んだ。

 MF齋藤学(横浜F・マリノス)は、MF清武弘嗣(セビージャ/スペイン)やDF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)らと好連係を確立し、左サイドから何度もチャンスを作った。オフサイドの判定で取り消しにはなったが、きれいにDFラインの背後を取り、幻のゴールも決めている。

この記事の続きを読む

1