過熱する「本田外し」に異議あり。オマーン戦はそこまで酷かったか

 グループ首位のサウジアラビアを埼玉スタジアムで迎え撃つ11月15日のロシア・ワールドカップ・アジア最終予選。すでにホームのUAE戦で黒星を喫しているため、ここで敗れると、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の進退問題に発展することになりかねないが、オマーンとの親善試合を終えて、にわかに注目が高まっているテーマがある。

 はたして、FW本田圭佑(ACミラン/イタリア)はサウジアラビア戦で起用されるのか――。

 所属するミランで依然として出場機会を得られていないことに加え、オマーン戦後にハリルホジッチ監督が「本田は試合のリズムが足りないことが確認できた」と語ったことから、本田のスタメン落ちの可能性が報じられるようになっている。

 だが、オマーン戦での本田のプレーは、そこまで酷(ひど)かったのだろうか。

 たしかに後ろから潰されたり、ボールを失ったりシーンは何度かあったし、トラップが浮いてしまう場面もあって、かつての本田と比べれば、物足りない部分はあった。

 一方で、ペナルティエリア内でMF清武弘嗣(セビージャ/スペイン)とパス交換をした16分、続けざまにシュートを放った25分、FW齋藤学(横浜F・マリノス)にロングフィードを送った28分、ミドルシュートを放った57分の場面など、本田がチャンスに絡んだ回数も少なくない。

この記事の続きを読む

1