過去データが恐怖の宣告。サウジ戦に負ければ日本のW杯出場は消滅だ

 熾烈な戦いが繰り広げられているW杯アジア最終予選は第5戦目を迎える。日本は11月15日にホームでサウジアラビアと対戦する。

 サウジアラビアは現在、勝ち点10でグループBの首位に立つ強豪だ。とはいえ、勝ち点7で3位の日本が今予選で本大会出場(グループ上位2カ国)を決めるためには、決して負けられない相手。リーグ戦の折り返しとなる一戦と考えれば、正直、引き分けでも厳しい。何としても勝利して、勝ち点3を積み上げたいところだ。
 日本とサウジアラビアがW杯アジア最終予選で対戦するのは、1994年アメリカW杯予選以来となる。当時はカタールのドーハに参加6カ国が集結したセントラル開催。1回戦総当たりのリーグ戦で行なわれ、両者は初戦で激突してスコアレスドローに終わった。最終的に、サウジアラビアは首位でW杯初出場を決めたが、日本はあの「ドーハの悲劇(※)」によって、あと一歩で涙を飲んだ。
※1994年アメリカW杯アジア最終予選のイラクとの最終戦、後半ロスタイムに痛恨の同点弾を浴びて、得失点差でW杯出場を逃した。

 W杯最終予選での対戦はこの一度だけだが、それ以外での両者の因縁は深い。その主な舞台となってきたのは、アジアカップ。1992年大会と2000年大会では決勝で激突。いずれも日本が1−0でサウジアラビアを撃破しているが、2007年大会では準決勝で対戦し、サウジアアラビアが3−2で勝利して日本の3連覇を阻んだ。

この記事の続きを読む

1