心は熱いクールビューティー。ソフトテニス日本代表・平久保安純

■知られざる女子日本代表〜Beautiful woman(5)

「硬式に比べてボールのスピードが遅い分、シュートボールだけでなく、ロビングやカットを使って駆け引きができるところが面白いです」

 硬式テニスにはないソフトテニスの魅力をハキハキと答える平久保安純(ひらくぼ あすみ・21歳)は、同競技において屈指の強さを誇る早稲田大学軟式庭球部に所属している。同部は去年開催された全日本学生ソフトテニス大会で男女ともに全カテゴリーを制覇、今年も女子ダブルスを除くカテゴリーを優勝で飾った。

 日本代表が5名も在籍する早大においても、平久保の実力は目を見張るものがある。インカレ連覇に加えて、全日本シングルスが2位、国際大会でも好成績を残している。平久保は早稲田での選手生活をこう語る。

「自分たちで練習のメニューを考え、一人暮らしも、私生活もありで、自己管理を学生にゆだねられています。すべて自分次第ってところが強さの秘訣ではないかと思います。とても気に入っています」

この記事の続きを読む

1