こっちの日本代表は強いぞ。U-20女子W杯で強豪ナイジェリアを粉砕

 11月13日、パプアニューギニアでFIFA U-20女子ワールドカップが開幕した。日本は2年前のFIFA U-17女子ワールドカップ(コスタリカ)で世界一に輝いたメンバー8名がそのまま繰り上がって臨んでいる今大会。もちろん狙うは世代をまたいでの世界2連覇だ。率いるは、なでしこジャパンも兼任する高倉麻子監督。元々この世代の選手を最初のカテゴリーであるU-16時代から育て上げてきた今のU-20女子代表は、いわば高倉監督の愛弟子たちといっていい。

 再びの頂点を目指す日本に立ちはだかるのは、予選グループの戦いだ。日本はナイジェリア、スペイン、カナダと同組で、今大会の死のリーグと言われているグループB。スタートダッシュを決めて、勢いそのままに決勝トーナメント1位通過をもくろむ日本にとって、初戦を落とすことはできない。13日、ナイジェリアとの一戦は、初戦独特の高揚感に包まれるなかで始まった。

"フィジカルに長けている"の一言では片づけられないポテンシャルを持っているナイジェリア。さらにマンツーマンの守備を敷いてくるのだから、やりにくい。それでも、日本は一気に攻勢に出た。開始1分で、トップに入った上野真実(愛媛FCレディース)のシュートがクロスバーを叩く。その後も日本ペースで攻撃を組み立てるが、決定的な場面が生まれない。ようやくゴールをこじ開けたのは34分、籾木結花(もみき ゆうか/日テレ・ベレーザ)のダイビングヘッドだった。

この記事の続きを読む

1