鈴木明子が感じた羽生結弦の変化。「4回転アクセルをやるかも」

■鈴木明子が語る2016−2017シーズン展望@男子編

 10月に開幕したグランプリシリーズでは、宇野昌磨が素晴らしい滑りを見せる一方、「絶対王者」の羽生結弦はスケートアメリカで2位に終わった。2018年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピックまで残り15ヵ月――。日本代表は、世界選手権王者のハビエル・フェルナンデスをはじめとする外国勢とどう戦うのか。オリンピックに2度出場したプロフィギュアスケーターの鈴木明子さんに聞いた。

―― グランプリシリーズが4戦終わったところですが、シニア2年目の宇野昌磨選手の成長ぶりはすごいですね。

鈴木明子(以下:鈴木):正直、宇野選手がこれほどのスピードで伸びてくるとは思いませんでした。想像以上です。4回転ジャンプをマスターしたと思ったら、試合で失敗しないレベルまで進みました。もともと、間の取り方や表現の部分は長けていたのですが、二段か三段、ステップアップしましたね。

―― まだ18歳ですが(12月17日で19歳)、男っぽさも出てきたように思います。

鈴木:はい、色気というか艶(つや)というか、そういうものが出てきましたね。高い技術に表現力と艶が加わり、世界のトップを猛追しています。

―― 10月のスケートアメリカで優勝、11月のロシア杯ではハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)と僅差の2位。12月のグランプリファイナル(フランス・マルセイユ)で表彰台も狙えそうですね。

鈴木:これまでずっと羽生結弦選手の背中を追いかけてきて、世界のトップを狙えるところまで来ました。羽生選手がどんどん先を行くので、いい成績を残しても満足することができない。「もっと、もっと」とがんばっているうちに、世界のトップレベルまで到達しましたね。羽生選手に負けたくないという思いもある。「抜いてやる」という気持ちが彼の成長の原動力になっているのではないでしょうか。

この記事の続きを読む

1