実は男子も強い。「超攻撃的カーリング」のSC軽井沢がアジア王者に

 カーリング男子日本代表のSC軽井沢クラブが、韓国の義城市で開催されたパシフィック・アジア・カーリング選手権(以下、PACC)で優勝。日本勢としては、15年ぶりにアジアの頂点に立った。

 スキップの両角友佑(もろずみ・ゆうすけ)は、「長かった。(アジア王者に)なってみると、『こんなものか』という感じ」と言い、セカンドの山口剛史は、「結果が出て安心した」と語った。チームとしては7度目の挑戦でやっとつかんだタイトルゆえ、それぞれ安堵の笑みを浮かべた。

 SC軽井沢は2005年、両角と長岡はと美コーチらで活動していたチームに、当時大学生だった山口が加入して創部した。その後、2006年に両角の弟・公佑(こうすけ)、2007に清水徹郎が加わって現在の主要メンバーがそろうと、日本選手権では2007年から3連覇、2013年からは4連覇を達成。史上最多7度の優勝を誇る、国内男子のトップチームになっていった。

 一方で、2015年までに4度出場した世界選手権では、10位(2009年)、11位(2013年)、5位(2014年)、6位(2015年)という成績にとどまり、同じく2015年までに6回出場したPACCでは、すべて準優勝に甘んじてきた。そのため、「世界はおろか、アジアでも勝ちきれない」と、揶揄(やゆ)されることも少なくなかった。

この記事の続きを読む

1