期待の女性騎手・藤田菜七子がアブダビ遠征の木馬指導で感じたこと

 JRAの女性騎手、藤田菜七子騎手が現地時間の11月13日夜、UAEアブダビで、待望の海外デビューをついに果たした。2016/17シーズン2日目のアブダビ開催第5レースに組まれた「HHシェイカ・ファティマ・ビントムバラク、レディースワールドチャンピオンシップ」(以下、「ファティマ妃杯」)の最終戦(芝1600m)で、エイエフアルヘイザール(牡6歳)に騎乗。結果は7着と、残念ながら海外初騎乗初勝利のアラビアンドリームこそ果たせなかったが、異国の地で臆することなく、世界各地の予選を勝ち抜いた女性騎手たちと渡り合った。

 今回出場した「ファティマ妃杯」は、女性騎手を対象に世界各地で年間14戦の予選を経ての最終戦。ここ数年は、11月第2週にアブダビで開催される純血アラブ種の大イベント「HHシェイク・マンスール・ビンザイード・アルナヒヤンフェスティバル」の最終日を飾る目玉のひとつに位置づけられている。

 80ヵ国を超える対象国の女性騎手にはアマチュア騎手も多い。なかには何百戦も騎乗しているアマ騎手もいるが、日本でいうところの競馬学校のようなものがない国では、騎手としてのカリキュラムや教育を受ける機会がないケースもある。

 そういった彼女たちのために、このフェスティバルではファイナルのレースに騎乗する騎手だけでなく、予選に騎乗したすべての騎手をアブダビに招待。カンファレンスやワークショップなどの機会を設けるという大盤振る舞いを行なっている。

 昨年までにも、日本からは地方競馬の騎手計3名がこの催しに参加しており、ファイナルには一昨年に岩永千明騎手(佐賀)、昨年に木之前葵騎手(名古屋)がそれぞれ騎乗を果たした。

この記事の続きを読む

1