気まぐれな天気より謎。マクラーレン・ホンダは速いのか、遅いのか?

 地球の裏側ブラジルは、気温30度を超す夏の陽気だった。しかし風向きが変われば、南から湿った風が運ばれ、たちまち激しい雨と肌寒さに襲われる。南米最大の都市サンパウロは、そんな気まぐれな街だ。

 今のマクラーレン・ホンダも、まさにそんな状況に置かれている。

 フェルナンド・アロンソはブラジルGPの予選でQ3に進み、雨で大荒れの決勝でもメルセデスAMGとレッドブルに次ぐペースで最後尾から追い上げ、10位まで挽回してみせた。その一方で、ジェンソン・バトンはQ1で敗退し、決勝でも最後尾16位に終わった。

 マレーシアで3強に次ぐ好走を見せたかと思えば、鈴鹿では大きく低迷し、アメリカGPでは5位・9位とダブル入賞、メキシコGPではノーポイントと、レースごとに大きく揺れ動いている。

 マクラーレン・ホンダは、速いのか、遅いのか? その問いに対する答えが、はっきりとしない。

 問題は、彼ら自身さえも、その答えを明確に把握できていないことだ。

「夏休み前のハンガリーやドイツでは週末を通して7位にいたのに、今はこうだ。僕たちのパフォーマンスが後退してしまったことは間違いない」

 アロンソはブラジルGPの予選でQ3に進んだことにも満足はしていなかった。

この記事の続きを読む

1