プロ野球トライアウト外伝。「イップス地獄」から這い上がった男たち

 プロ野球という世界は、各世代を代表する"バケモノ"が集まってくるワンダーランドである。常識では測れない才能の持ち主がひしめき、高い次元で優劣を競い合う。なかには大谷翔平のような、"キング・オブ・バケモノ"までいる。

 そんな弱肉強食の世界に身を投じた逸材たちは、自分の食い扶持を稼ぐためにせっせと技術を磨き上げていく。しかし、その命より大事な技術が、ちょっとしたきっかけですべて消え失せてしまうことがある。特に多いのが、こんな現象だ。

 自分の投げ方がわからない――。

「箸を使う」「歯を磨く」といった日常的な行為のように、野球選手にとってごく当たり前のはずの「ボールを投げる」という動作ができなくなる。この症状は「投球イップス」とも呼ばれている。超人であるプロ野球選手のなかにも、自分の投げ方がわからなくなってしまう選手は少なくないのだ。

 11月12日に甲子園球場で行なわれた12球団合同トライアウトでは、そんな症状に苦しめられた選手たちも参加していた。

 北方悠誠(きたがた・ゆうじょう)はかつて、最速158キロを計測したこともある剛腕だった。2011年のドラフト1位でDeNAに入団。3年目の2014年には一軍キャンプに参加するなど、首脳陣から将来の中心投手に......と期待をかけられていた。

 だが同年のオフ、北方は球団から戦力外通告を受ける。シーズン途中から自身の投球フォームを見失い、本人も認めるように「投球イップス」になってしまったのだ。

「2年前にクビになって、(トライアウトに)挑戦はしたんですけど、うまく投げられなくて......」

この記事の続きを読む

1