マイルCSで波乱を起こした伏兵と合致する「3頭の穴馬」が見つかった

 下半期の「マイル王」を決めるGIマイルCS(11月20日/京都・芝1600m)。絶対王者モーリスの不在により、戦前から大混戦ムードとなっている。

 その中で有力馬として挙げられるのは、前走のGIIスワンS(10月29日/京都・芝1400m)で鮮やかな差し切りを決めたサトノアラジン(牡5歳)、2014年の皐月賞馬であり、前走のGIII富士S(10月22日/東京・芝1600m)で2着と好走したイスラボニータ(牡5歳)、その富士Sの勝ち馬で、現在3連勝中のヤングマンパワー(牡4歳)、そしてGIスプリンターズS(10月2日/中山・芝1200m)で2着に入ったミッキーアイル(牡5歳)あたりか。

 もちろん、これ以外の馬にもチャンスは十分あり、「勝ち馬」を探すには骨の折れるレースとなりそうだ。

 そんな混戦ムードだからこそ、伏兵の台頭、あるいは大波乱があっても不思議ではない。ならば、マイルCSの過去の歴史を参考に、「波乱の使者」となりそうな馬をピックアップしてみたい。

 近年のマイルCSは「本命不在」と言われることが多く、荒れやすいイメージを持っている人もいるかもしれないが、過去10年の勝ち馬を見ると、大波乱が何度も起きているわけではない。6番人気以下で優勝したのは、2014年のダノンシャーク(8番人気)と、2010年のエーシンフォワード(13番人気)のみである(※ダノンシャークは今年も出走)。

この記事の続きを読む

1