U-20W杯スペイン戦の敗戦は、ヤングなでしこ世界一のための授業料

 U-20ワールドカップ・グループBの首位攻防戦となった第2戦のスペイン。パスサッカースタイル同士の対決は0−1でスペインに軍配が上がった。

 スペインは日本にとって、因縁の相手だった。2014年、U-17女子代表は世界を制した。そこから今大会には8名がU-20女子代表として決戦の地に降り立っている。スペインは当時、グループステージ初戦と決勝で日本と戦い、いずれも日本に苦汁をなめさせられている。もちろんスペインもその際のメンバーが多く今大会に招集されている。日本に雪辱を果たすべく、スペインのモチベーションは高かった。

 日本封じとして、まずスペインが徹底していたのが素早いプレス。16時キックオフの暑さをものともせず、開始から球際へのアプローチが厳しかった。その対応に慌てた日本は、終始後手に回ってしまった。連係が効かなくなることで互いの距離が開き、サポートの出足も遅れる。まさに悪循環に陥ってしまっていた。

 なんとかゴールをこじ開けようと、スタメンに抜擢された西田明華(セレッソ大阪レディース)が遠目からシュートを放ち、籾木結花、長谷川唯、隅田凛の日テレ・ベレーザのコンビネーションでゴールを脅かす。それでも前半はどこかかみ合わずに終わってしまった。

この記事の続きを読む

1