侍ジャパン強化試合が実証した「大谷翔平はメジャーでも二刀流」説

 今シーズン、投手だけでなく打者としての活躍も著しかった大谷翔平だが、先日行なわれたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた強化試合「侍ジャパンチャレンジ」でもバットで圧倒的な存在感を見せつけた。

 WBCに出場するメキシコ、オランダとそれぞれ2試合ずつ戦った侍ジャパン。大谷は先発で2試合、代打で2試合出場し、通算11打数5安打(打率.455)、1本塁打と結果を残した。

 ただ今回の強化試合での大谷は、東京ドームの天井を直撃する二塁打や、数々の好走塁など、見る者に数字以上のインパクトを与えた。それは対戦した相手ベンチや選手も同様だった。

 今回、ロサンゼルス・ドジャースの4番打者、エイドリアン・ゴンザレスは、兄のエドガー・ゴンザレス(2010年、2012年に巨人でプレー)がメキシコ代表の監督を務めることで選手登録はされなかったが来日。通算308本塁打のメジャー屈指のスラッガーも大谷のことは周知で、ドジャースのスカウトから彼の映像を何度か見せられたという。

 3月のWBCでの対戦の可能性を見越してか、ゴンザレスは日本選手の打撃練習などをつぶさに観察する姿が見られた。当然、大谷のバッティングも注視していたわけだが、異彩を放つ日本の若きタレントのポテンシャルと技術には驚きを隠さなかった。

「パワーもあるし、スイングのバランスがいい。バットを振る際の手の軌道が素晴らしくて、外野にボールを運ぶ能力が高い。メジャーで成功するために必要なツールをすべて兼ね備えているんじゃないかな」

この記事の続きを読む

1