満身創痍の浅田真央。GPファイナルは逃しても「復活」の道は見える

 2018年の平昌五輪を競技人生の最終目標に据えて現役生活を続ける浅田真央が、今季序盤、グランプリ(GP)シリーズで苦しい戦いを見せている。

 GP初戦のスケートアメリカは6位。そして2戦目となったフランス杯では、演技内容的にも悪い結果となり、さらに順位を下げて9位に終わった。GP出場22大会目にして、10年NHK杯の8位を下回る自己ワーストの成績を残すとともに、8度目となるはずだったGPファイナル進出を逃した。

 一時代を築き、世界のトップで戦ってきた26歳のベテランは、シーズン序盤の予想以上の不調に戸惑いを隠さない。フランス杯のフリー演技後、テレビインタビューを終えた浅田は、ミックスゾーンで待つ報道陣の前であふれる涙をぬぐう姿を見せた。

「悔しさもある。がっかりだったり、ふがいなさだったりがある。フリーでことごとく決まらなかったジャンプも滑りも、すべてがしっくりきていない感じがした。結果や自分の自信というものが、すべて失われたので、またここから、一からもう一度、作り上げていかないといけない」

 スケートアメリカでもフランス杯でも、自分に言い聞かせるように語るコメントに、前向きな気持ちが垣間見えたことが救いだった。思い描いた演技ができずに結果が悪ければ、どんなトップアスリートでも落ち込むのは仕方がない。

この記事の続きを読む

1