【内藤雄士ゴルフレッスン】フェースにしっかりボールを乗せるには

■白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第33回 〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

【より安定感、正確性のあるアプローチをするために】

内藤雄士コーチ(以下内藤):前回のレッスンでは実際に芝の上でアプローチをしてもらいました。室内での練習の成果が出ているせいか、意外と違和感なく打っていたように思いましたが、どうでしたか?

白石あさえ(以下白石):本当ですか? でも、あんなにカップが近いのに、全然入らないんですよ。

内藤:(笑)。アプローチではそんなに簡単には入らないんですよ。距離が近いからこそ難しい。多くのアマチュアがアプローチを苦手にしている理由は、小さい動きほど反復させることが難しいからなんです。

白石:そうなんですね。全然カップに入らないから、"悔しい"って思っちゃいました(笑)。

内藤:今回は引き続きアプローチのレッスンですが、さらに正確性を上げるために、フェースにしっかりボールを乗せる動きをマスターしましょう。

白石:ボールがフェースに乗るんですか?

内藤:そういう表現をします。実際は一瞬のことなので、乗り続けるわけではないですが、ボールに対していい角度でインパクトを迎え、振り抜くことができれば、フェースに乗っている感覚でアプローチができます。結果、距離感のコントロールがしやすくなります。

この記事の続きを読む

1