岡崎慎司は「飛び出しで勝負」。レスター不振と代表戦の刺激で原点に

 試合後の取材エリアに姿を見せると、レスター・シティの岡崎慎司は開口一番、次のように語り始めた。

「(今)自分は開き直っていて。代表に行っても感じていたことで、最近(レスターの試合で前半の)45分で交代させられたりもしましたけど、ちょっとチャレンジしてみようかなと。足もとでパスを受ける意識が強すぎて、自分の特徴である裏への飛び出しで勝負することが少なかった。『今日はそっちで勝負しようかな』と思っていた。

 自分のやりたいようにやってみようと。最近、感覚的にサッカーをやることがあんまりなかった。もちろん、守備もちゃんとやります。でも、このタイミングでゴールを獲り出したら、今まで『チームありき』と考えていた自分を変えられる可能性が出てくる。だから、そっちで勝負していこうかなと」

 11月19日に行なわれた第12節・ワトフォード対レスター戦。2トップの一角として先発した岡崎は、そんな決意を胸にピッチに入ったという。意識の変化は、試合序盤のポジション取りにも表れていた。これまでなら、2トップでコンビを組むFWジェイミー・バーディーのやや後方で、彼を支えながら走り回っていたが、この試合の序盤は、フラットに並んでパスを求めるシーンが多かった。岡崎も語る。

この記事の続きを読む

1