始めて8カ月で準優勝。女子車いすテニスに突如現われた大谷桃子とは?

 日本の女子車いすテニス界が今、にわかに盛り上がりを見せている。それは、"東京世代"の成長だ。

 2016年度のITF(国際テニス連盟)およびJWTA(日本車いすテニス協会)ランキング上位者と推薦選手の8名のみが参加できる「全日本選抜車いすテニスマスターズ」(11月18日〜20日/吉田記念テニス研修センター)に、今年はリオパラリンピックのシングルス銅メダリストの上地結衣、同代表の堂森佳南子らに加え、10代・20代の3選手が初出場を果たした。

 中でも注目を集めたのが、21歳の大学生・大谷桃子だ。大谷は4名ずつ分かれた予選ラウンドロビンから力を見せる。5月の世界国別選手権日本代表にも選ばれた20歳の田中愛美、そして大谷と同じく初出場の21歳・高室冴綺(たかむろ さき)との同世代対決に勝利し、さらに大一番の堂森との3時間を超えるフルセットの激闘を制した。3戦全勝のグループ1位で決勝トーナメントに進出すると、準決勝も深山知美をストレートで下し、決勝まで勝ち上がった。これはある意味、衝撃だった。

 出場は見送ったが会場に足を運んでいた男子の国枝慎吾も、「すごいな」と一言。周囲が驚いた理由、それは彼女が車いすテニスを始めてまだ8カ月で、この日本マスターズがエントリー4大会目の"超ルーキー"だったからである。今大会も協会推薦で"8番手"での出場だった。

この記事の続きを読む

1