「誰が出ても強い」ヤングなでしこ。1位でU−20W杯の決勝T進出

 2連勝でグループB首位を走るスペインを、日本とナイジェリアが1勝1敗で追う形で迎えたU−20ワールドカップ予選グループ最終戦。決勝トーナメント進出を自力でつかみ取り、前試合の嫌なムードを消し去るには勝利しかない。

 すでに予選グループ敗退が決定しているカナダは、大量失点を避けるべく、アンカーを置いた4−1−4−1システムで自陣を固める。が、今の日本にとって相手の布陣は関係ない。先のスペイン戦で影を潜めてしまった日本スタイルを、自らの手で取り戻さなければならないのだ。

「最初の1本だよ!」。円陣を組んだ選手たちの表情が一段と引き締まる。同じ轍は二度と踏まない。決意みなぎるプレーは立ち上がりから随所に見られた。引いて守るカナダに対し、焦れることなく、確実にゴールに近づく日本は26分、CKの混戦から、クリアボールを長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が決めて先制する。42分には籾木結花(日テレ・ベレーザ)が強烈なシュートを放ち、GKがたまらず弾いたボールを上野真実(愛媛FC)が決めて2点目。これで試合の流れを決定づけた。

 高倉麻子監督いわく、「(カナダの)パワーをまともに受けてしまうのが嫌だったので、最初に風下をとって、しっかり様子を見ながらゲームを進めたかった」という通常とは逆の発想で、有利とされる風上のポジションを後半に持ってきた日本。

この記事の続きを読む

1