対抗戦6連覇も「満足せず」。帝京大の進撃はどうにも止まらない

 王者・帝京大の進撃が止まらない。難敵の明治大を蹴散らし、関東大学・対抗戦の連覇を「6」に伸ばした。試合後、赤いジャージの帝京フィフティーンがスタンド前であいさつする。最後はメインスタンド上段に陣取る百人以上のノン・メンバーに向かって手を振った。

 チームをリードしたスタンドオフ(SO)、松田力也副将は顔をくしゃくしゃにした。

「ぼくらはチームの代表として戦っているので、応援してくれた部員たちの笑顔が一番、うれしいんです。その瞬間が、すごくいい時間だと感じています」

 帝京大の強さの理由のひとつは、学生の人間的な成長がある。松田も最上級生となり、落ち着きが備わってきた。ゲームを見る目も広がり、状況判断も的確になってきた。プレーヤーとして成長した部分を聞けば、岩出雅之監督は「トータルコントロール」を挙げた。

 相手との駆け引き、味方とのコミュニケーション、戦術・戦略を状況に合わせて組み立てていく力である。SO松田のリードはこの日も冴えた。

 開始5分。帝京大は自陣の22mライン内のPKから速攻をしかけた。赤いジャージが瞬時に反応する。右に回し、こぼれ球を松田が拾って、小刻みなステップで一気に敵陣のゴール前に迫る。左に大きく2度振って、ラックから右に展開した。

この記事の続きを読む

1