W杯3連勝のスピードスケート小平奈緒、平昌の「金」がハッキリ見えた

 長野市のエムウェーブで開催されたスピードスケートW杯最終日。会場が最も沸いたのは女子500mディビジョンAの最終組だった。

 ひとつ前の組を滑った世界記録保持者のイ・サンファ(韓国)が37秒93で暫定1位になったあとのレース。「サンファのタイムはチラッと見ましたが、自分が10月の全日本距離別で出していたタイムの方が上だったので自分の滑りをしようと思った」と言う小平奈緒(相澤病院)は、インレーンからスタートした。最初の100mを10秒46で通過すると、そこからの400mは全選手中最速ラップとなる27秒29で滑り、距離別で出した国内最高タイの37秒75でゴール。今季初戦だったハルピン大会で行なわれた2レースに続き、日本人選手としては01年の清水宏保以来16シーズンぶりのW杯3連勝を達成した。

「距離別の時はアウトレーンスタートだったので、ここで国内最高記録を塗り替えたかったけど、インスタートでもアウトでも37秒75を出せたというのは、レースがどちらかの一本勝負になった時でも自信になる数字だと思います」

この記事の続きを読む

1