総帥ロン・デニスを解任。マクラーレン・ホンダ「お家騒動」の闇に迫る

 2016年11月15日、マクラーレンの総帥ロン・デニスが失脚した。名門チームの内部で何が起き、そしてこれからどこへ向かおうとしているのだろうか──。

 F1ブームの真っ只中を知る者にとって、ロン・デニスとはマクラーレンの顔であり、圧倒的な存在だった。アイルトン・セナの時代も、ミカ・ハッキネンの時代も、そしてマクラーレン・ホンダの時代も、マクラーレンと言えば総帥デニスがいた。

 しかし、もともとマクラーレンはデニスのものではなく、メカニックからチームを興し、F2やF3で成功を収めたデニスがマールボロと組み、ニュージーランド出身のブルース・マクラーレンが興したチームを1980年末に引き継いだものだ。そういえば聞こえはいいが、当時のチーム首脳陣にしてみれば"乗っ取り"とも言える事態だった。

「プロジェクト4(P4)」というデニスの組織名が今でもマクラーレンのマシン名「MP4-XX」に残されているが、大英帝国勲章を授与されてもなお、パドックには「彼は所詮メカニック上がりだ」とデニスを認めたがらない人が少なくないのは、こうした成り上がりの背景があるからなのかもしれない。

「F1界のドン」と言われるバーニー・エクレストンも、デニスを嫌い、認めようとしない人物のひとりだ。エクレストンがマネージャーを務めていたヨッヘン・リント(1970年、事故死の後にF1年間王座獲得)のメカニックがデニスだったということもあるだろうが、パドックではふたりの仲の悪さは有名な話だ。

この記事の続きを読む

1