CL初先発で初ゴール。なのに岡崎慎司の表情が浮かないのは?

「ゴール? 角度は難しかったし、(ゴール前への)入りがよかったんで。まぁ、ファーストシュートだったのが一番よかったと思います。(相手も)油断していたかと。開始5分で決められたのは、チーム的にもよかったし、個人的にもよかった。

 CLでゴールを決めた意味? 目標のひとつでした。海外でプレーしていく上でのモチベーションは、ひとつひとつ積み重ねていくところ。ブンデスに行って、プレミアリーグでプレーし、ゴールを決めて、優勝して......。ひとつひとつ積み上げてきたなかでのチャンピオンズリーグなので。

 やっぱり、ヨーロッパに来て、CLに出ないわけにはいかない。でも、まさかレスターでCLに出場できるとは......。ただ、なかなか試合に出られないというもどかしさがありながら、ここで先発を掴んで、そしてゴールも決めた。目標をひとつ達成できた」

 11月22日に行なわれたクラブ・ブルージュとのチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第5節。この試合でCL初先発を果たしたレスター・シティの岡崎慎司は、開始5分に先制ゴールを決めた。左SBのクリスティアン・フックスのアーリークロスに左足で合わせ、鮮やかにネットを揺らしたのだ。得点後、両腕を広げて天を仰ぎ、満面の笑みでチームメイトとともにゴールを祝福した。

この記事の続きを読む

1