有力4歳馬ひしめくジャパンCで、この「5歳馬」が2着に飛び込む

◆ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週は東京のクラシックディスタンスを舞台にして、国内最高賞金(1着3億円)のレースであるジャパンカップ(11月27日/東京・芝2400m)が行なわれます。

 1981年に行なわれた第1回では、僕は当時まだデビュー2年目の減量騎手でした。にもかかわらず、騎乗チャンスをいただき、非常に貴重な経験をさせてもらいました(※ゴールドスペンサーに騎乗し、日本馬最先着の5着)。

 そのときは、外国馬と日本馬との間に大きな実力差を感じたものですが、近年のジャパンCは逆に、日本馬が上位を独占するレースが続いています。日本馬のレベルアップと同時に、本当に強い外国馬の参戦が減ってきたこともその理由だと思いますが、今年もその流れに変わりはなさそうですね。

 一方で、ジャパンCと言えば、秋の東京を締めくくる大一番にして、天皇賞・秋(10月30日/東京・芝2000m)、有馬記念(12月25日/中山・芝2500m)とともに、いわゆる秋の「古馬三冠」を構成するレースのひとつです。そのため、例年は天皇賞・秋からこのレースに臨む馬が中心となるのですが、今年は少し様子が違います。

 今年のメンバーで前走が天皇賞・秋だったのは、たったの2頭。勝ち馬のモーリスはさすがに2400mの距離が長いと見て香港に向かい、3着ステファノス、4着アンビシャスらも同様に、距離延長を考慮してジャパンC出走を見送ったようです。

1 2 次へ