【内藤雄士ゴルフレッスン】アプローチの「振り子」は胸を支点に

■白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第34回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

■自然な振り子運動を作る

内藤雄士コーチ(以下内藤):前回のレッスンで、アプローチショットでフェースにボールが乗る感覚はわかりましたか?

白石あさえ(以下白石):そうですね。うまく打てている時と打てていない時の感触の差はわかるようになりましたが、自分がどうやって振っているのかは、まだわからないですね。内藤コーチから、アプローチは「振り子運動」と説明してもらいましたが、振り子の支点はグリップになるんですか。それとも肩のあたりになるのか......。

内藤:なるほど。いい質問ですね。実はアプローチだけでなく、ショットも「振り子」をイメージするのですが、ショットのような大きなスイングの場合は、振り子の支点は背中側、たとえば首の後ろなどでイメージします。アプローチの場合は、振り幅が小さいので体の正面側をイメージするといいでしょう。

白石:具体的にどの場所になるんでしょうか?

内藤:胸を意識するといいんじゃないですか。支点を胸にして、しっかり体を回すことを意識して、腕とクラブを胸の動きに同調させる。それだけを意識すると自然に振り子運動になります。

白石:そもそも、振り子のように振れると何がよくなるんですか?

内藤:反復性が高まるので、ミスヒットが少なくなり、スピン量や落ちてからの転がり方も安定します。

この記事の続きを読む

1