運命の舞台で決まり始めた「クラッチパット」。スピースに復活の予感

■WEEKLY TOUR REPORT 米ツアー・トピックス

 2016−2017シーズンがスタートしたPGAツアー。レギュラーツアーの今年最後の試合となるRSMクラシック(11月17日〜20日/ジョージア州、シーアイランド・リゾート)が開催されている裏で、ジョーダン・スピース(23歳/アメリカ)が"復活の気炎"を上げた。地元アメリカではメジャー2勝を挙げるなど、大ブレイクした「2014−2015シーズンの再現なるか!?」と話題になっている。

 スピースが躍動したのは、オーストラリアのロイヤルシドニーGCで開催されたザ・エミレーツ・オーストラリア・オープン(11月17日〜20日)。トップと2打差の2位タイで迎えた最終日、一時は優勝争いから脱落しそうになったが、終盤の勝負どころとなる"クラッチパット"を決めると、キャメロン・スミス(23歳/オーストラリア)、アシュリー・ホール(33歳/オーストラリア)とのプレーオフへと持ち込んだ。

 そして、プレーオフのひとホール目、スピースは3mのバーディーパットをカップのど真ん中から沈めた。彼らしい強気のパットを見せて、見事な勝利を飾った。

 スピースが強かったのは、まさに"クラッチパット"をことごとく決めたことにある。このパットが決まりだしたら、"復活"は本物だ。

 今大会の勝利は2014年大会に続いて2度目となるが、スピースにとって、ここで勝ったことは大きな意味がある。なぜなら、スピースが2015年に世界一へと上り詰めたときも、2年前のこの勝利から始まっているからだ。

この記事の続きを読む

1