「練習では跳べるのに...」宮原知子、GPファイナルではメンタルに課題

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯の女子シングル。大会2連覇を狙った宮原知子は、ショートプログラム(SP)3位から、フリーでは順位をひとつ上げて総合2位となり、GPシリーズ上位6人が進むGPファイナルに、滑り込みの6番目で2年連続出場を決めた。宮原がフリーで意地の演技を見せたことで、日本女子は16季連続でGPファイナル出場を果たすことになった。

 シニアデビューシーズンを戦う期待のホープ樋口新葉は、SP5位でファイナル初出場のチャンスをうかがったが、フリーでは3回転ループが2回転になったり、回転不足があったりするなど、ジャンプで細かいミスが出て得点が伸び悩み、総合4位に終わった。また18歳の松田悠良は、SPもフリーもノーミスの演技を披露して7位となっている。

 優勝は、昨季の世界選手権銅メダルのアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)。SP首位からフリーもトップに立ち、合計210.86で大会初制覇。遅咲きの18歳は、これで今季GP2大会連続優勝を果たし、好調ぶりが際立っていた。

 GP最終戦の結果により、ファイナルに進出するのはポゴリラヤ、NHK杯総合3位でファイナル初出場となるマリア・ソツコワ、そしてスケートカナダとフランス杯の2大会で優勝を飾った世界女王のエフゲニア・メドベデワ、中国杯優勝のエレーナ・ラジオノワのロシア勢4人に加え、初出場となるカナダの新鋭ケイトリン・オズモンド、そして昨季のファイナル銀メダルの宮原という顔ぶれとなった。

この記事の続きを読む

1