錦織圭がマリー、ジョコを越えるために「やるべきことはわかっている」

 2016男子テニスツアーの最終戦・ATPワールドツアーファイナルズ準決勝で、錦織圭(ATPランキング5位)は、ノバク・ジョコビッチ(2位、セルビア)に、1−6、1−6、わずか1時間6分で敗れてシーズンを終えた。今季最後の試合で、自分の納得のいくテニスができなかったため彼の表情は曇った。

「やっぱり......、あまりうれしくないというか、喜ばしい終わり方ではないので、やっぱり後味は悪いですけど......。1試合目の(スタン・)ワウリンカに勝ち、(アンディ・)マリーにも勝利まであと一歩でしたし、ポジティブなところもあるので、また来年もっと上に行けるようにしたいですね」

 準決勝後の会見で、錦織は「大丈夫です」と語ったものの、ラウンドロビン(以下RR)2戦目のマリー(1位)とRR3戦目のマリン・チリッチ(7位)とのプレーで、左わき腹にテーピングをしていたことを踏まえると、フィジカルに何らかのトラブルがあったと見るべきだろう。チリッチ戦の第2セット中盤から、錦織のテニスのクオリティが目に見えて落ちたが、もしフィジカルの問題ではなく、疲れやメンタルの影響で、あれだけテニスのレベルが落ちたのなら、それはそれでかなり大きな問題だ。左わき腹は、昨年のツアーファイナルズ直前にも痛め、今季もグラス(天然芝)シーズンで痛めた。おそらく今後もフィジカルは向き合っていかなければならないポイントになっていくだろう。

 ツアーファイナルズでの錦織のハイライトとなった3時間20分のフルセット(7−6(9)、4−6、4−6)におよんだマリーとの激戦では、錦織が今持てる力を出し切り、世界最高レベルのラリー戦を演じた。「圭がほとんどのラリーで主導権を握っていた。たぶん他の誰よりも、とてもうまくボールを動かしていた」とマリーに言わしめたほどだった。

この記事の続きを読む

1