佐藤寿人が語る「広島愛」。ではなぜ名古屋への移籍を決断したのか?

「来年は、自分がこうして引退スピーチをすることになるのかな......」

 サンフレッチェ広島がホーム最終戦を戦っていた10月29日、佐藤寿人は同い年である森崎浩司の引退セレモニーを見て、1年後の自分の姿を重ね合わせていた。

「すごくいいセレモニーで、自分もこうやって現役を終えたいなと思いました」

 振り返れば、2016年シーズンは佐藤自身にとって苦しい1年だった。先発出場する機会が減り、12年間続けてきたリーグ戦ふたケタ得点の記録は途絶えた。メンバー入りしてもユニフォームに着替えることなく、試合を終えることすらあった。

「これまで、自分から広島を出たいと言ったことは一度もないですし、とにかく僕のなかでは、自分自身で引き際を決めなければいけないんだろうなって思っていた。広島からはピッチに立てないこともあるかもしれないけど、来年もオフ・ザ・ピッチのところも含めて、チームを牽引してほしいと言われた。3度の優勝に貢献した功労者という感じで、ここで現役を終えるという流れを僕自身もどこかで思い描いていたところはありました」

 佐藤は「だから......」と、言葉をひとつひとつ押し出すように続けた。

「来シーズンは、どんな役割であろうとも、たとえ試合に全然絡めなかったとしても、好きな町で、好きなクラブで、タイトルを獲得するためにすべてを全うしてユニフォームを脱ごうかなと思っていました」

この記事の続きを読む

1