なぜ大物が日本に? 東京ヴェルディ、ロティーナ新監督の抱える事情

 スペイン人監督ミゲル・アンヘル・ロティーナ(59歳)が、来シーズンから2年契約でJ2東京ヴェルディを率いることが発表されている。ロティーナはスペインでも有数の監督。そのキャリアはヴァイッド・ハリルホジッチと比べても遜色がないだろう。

 現役時代は、ストライカーとしてリーガエスパニョーラ1、2、3部で400試合以上に出場。92年に監督に転身して以来、ヌマンシア、オサスナを1部昇格に導いてきた。04年にはセルタをリーガ4位に躍進させてチャンピオンズリーグベスト16に進出。06年にはエスパニョールでスペイン国王杯優勝を遂げた。徹底した守備戦術に定評があり、その後もレアル・ソシエダ、デポルティーボ・ラコルーニャ、ビジャレアルという有力クラブを率いている。

 次期日本代表監督候補に名前が挙がっても不思議ではない人材だろう。なぜ50代で働き盛りの指揮官が日本での挑戦を選んだのか?

 そして8年間、J2に沈む名門ヴェルディにいかなるカタルシスをもたらすのだろうか?

 ロティーナと日本をつなげたのは、代理人契約をする「プロネオスポーツ」というスペインのエージェンシーである。プロネオスポーツは主にフットサルの選手、監督のエージェントとして活動。Fリーグに多くの選手を供給するだけでなく、フットサル日本代表監督であるブルーノ・ガルシアも送り込んでいる。その流れにロティーナを乗せた形だろう。移籍金0というのも大きかった。

この記事の続きを読む

1