【木村和久連載】小池知事へ。東京五輪ゴルフ会場の見直しをぜひ!

 2020年東京五輪のゴルフ会場問題についてですが、小池百合子都知事になって風向きが変わるのではないかと、大いに期待したものです。しかしながら、都知事は豊洲市場移転問題をはじめ、ボート・カヌーの競技会場など他の五輪会場の問題、さらにはリボンの騎士のコスプレなどで忙しく、手が回らないみたいですね。

 そんなわけで、都知事にもわかるように、まずはゴルフの会場問題について解説させていただきましょう。

 要点は、3つあります。

(1)会場決定のプロセスが不透明
(2)真夏に埼玉県の内陸部でゴルフをやることが「おもてなし」になるのか?
(3)「レガシー」としての会場とは?

(1)の会場決定のプロセスですが、当初、安倍晋三首相がぶち上げていたのは、「コンパクトな会場」ということで、東京・新木場にある若洲ゴルフリンクスを会場とする素案があったのです。それが、誰かに押し切られたのか、「予備として36ホール必要だから」という謎の屁理屈をつけられ、気がつけば埼玉県の名門・霞ヶ関カンツリー倶楽部に決まってしまったのです。

 暗躍したのは、名門倶楽部の集まりや、名門大学のOB連中と言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。簡単に言えば、ゴルフ界のお偉いさんが、伝統と格式のある名門倶楽部でオリンピックをしたかったのでしょう。

この記事の続きを読む

1