今季MotoGPで9人も優勝者が出た「理由その1」と「理由その2」

 2016年は、グランプリ史上初めて9人の勝者が生まれたシーズンになった。年間総合優勝を達成したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、第2戦・アルゼンチンGPでランキング首位に立ったが、5月上旬の第5戦・フランスGPでホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)に逆転され、6月の第7戦・カタルーニャGPで首位の座を奪還。以後は、着々とチャンピオン獲得の地固めを続けていった。

 優勝が難しそうなら表彰台を狙い、表彰台が難しそうなら可能なかぎりの上位フィニッシュを目指し、とにかく少しでも多くのポイント獲得を念頭に置いたレースを続けた。その賢明な戦い方が、今年のマルケスの大きな特徴といえるだろう。

 勝てなかったレースでも彼はたびたび、「大切なのは、目先の優勝よりもチャンピオンを獲得することなので、今日は2位(3位、4位or5位)で終わることができてよかった」という発言を繰り返してきた。その言葉どおり、レース数を経るにつれ、マルケスは王座獲得の確度をどんどん高めていった印象がある。

 そのマルケスの総獲得ポイント数は298。21世紀になって、年間総合優勝を達成した選手は、ほぼ毎年300ポイント以上の点数を獲得している。例外は、2006年のニッキー・ヘイデン(252ポイント)のみ。年間17戦だったこの当時、あるいは年間16戦だった21世紀序盤でも、チャンピオンを獲得した選手は350ポイント以上の点数を稼いでいる。

この記事の続きを読む

1