泣くな、京都サンガ。無念のプレーオフ敗退もJ1復帰へ光は見えた

 あと1点が及ばなかった。

 J1昇格プレーオフ準決勝。J2リーグ5位の京都サンガは、同4位のセレッソ大阪と1−1で引き分けた。

 雨中で繰り広げられた熱戦を、試合終了直前の劇的なゴールでドローまで持ち込んだ京都。しかし、引き分けの場合はリーグ戦での成績上位が決勝に勝ち上がるというルールにより、無念の準決勝敗退となった。

 京都にとっては3年ぶりのプレーオフ進出だったが、またしてもJ1昇格の最後のキップを手にすることはできなかった。

 雨でずぶ濡れになったジャージのまま、試合後の記者会見に現れた京都の石丸清隆監督。その姿に、無念の思いが色濃く表れていた。

「選手は最後までよくファイトした。(引き分けだったが)レギュレーションによって敗退となったことは受け入れないといけない」

 そして、ひと呼吸置き、試合内容に触れ始めると、わずかな後悔をにじませた。

「全体としてはよく戦っていたが、コンパクトさが後ろ重心になってしまい、相手のボランチにプレッシャーをかけられないところがあった。そこでミドルシュートを打たれてしまった」

 石丸監督が悔やんだのは、前半13分のセレッソ先制のシーンである。

この記事の続きを読む

1