タイガー・ウッズ、ついに復帰。プレー内容に金メダリストも太鼓判

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 タイガー・ウッズが、ついに復帰した

 復帰戦は、ウッズ自身がホストを務めるヒーロー・ワールド・チャレンジ(12月1日〜4日/バハマ、アルバニー・チャンピオンシップC)。ウッズとしては、およそ15カ月ぶりのツアー競技となる。PGAツアーの公式戦ではないものの、世界のトップ選手18名が集う注目トーナメントでの復帰ゆえ、米メディアでは大会前から"ウッズ祭り"といった盛り上がりを見せていた。

 当初、ウッズのツアー復帰は10月、2016−2017シーズン開幕戦のセーフウェイ・オープンの予定だった。しかし、大会開幕を3日後に控えた月曜日、「自分のゲームがまだ脆くて壊れやすい」と、トップ選手と一緒に戦う競技レベルにないことを理由に、突然棄権した。

 そのため、今回も実際にスタートするまでは、何が起こるかはわからなかった。おかげで米メディアも、大会前の数日間はウッズの一挙一動を詳細にレポートし、「ウッズは今度こそ、本当に復帰するのか?」「4日間、プレーすることができるのか?」などと記して、騒ぎ立てていた。

 結果的には、無事に復帰。初日は1オーバー、17位でスタートした。

この記事の続きを読む

1